炭酸水のサーバー別、徹底分析!

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_s

話題の炭酸水を家で作れたら便利じゃないですか?
今ではレンタル用の炭酸水のサーバーがあります。
いちいち炭酸水を毎日飲むからと言って箱買いするよりももしかしたらメーカーによっては安いかもしれませんね。
今回はそんな気になる炭酸水のサーバー別、徹底分析致します。05e0006fde7880e1960302b6fe4a9d78_s

■炭酸水のサーバーとは?

225156bee7dc616827c67c01a32666fd_s

その名の通り炭酸水をつくることができるサーバーです。
今では水素水などのサーバーもありますがそれと同じようなイメージだと思ってください。

●炭酸水のサーバーのメリット

もちろん価格などによりお買い得になることもありますが、ほかにも様々なメリットがあります。

●炭酸水の強弱が設定できる

d71f50dff43b9ff326032944cb531ee3_s

炭酸水というのはものによってはスーパーでペットボトルのものを買う際には各種メーカーによって炭酸の強度が違いますよね。
しかし、炭酸水のサーバーというのは炭酸水の強弱を設定できるのです。
自分だけでももちろんいいのですが家族でシェアする場合などは例えば「奥さんが微炭酸のほうが好き」
「旦那さんは強い炭酸のほうが好き」などの場合でしたら箱買いするだけではなく炭酸のサーバー一つでやりくりすることができますよね。

●炭酸の味のフレーバーが代わる

実はものによっては味のフレーバーを簡単につけることができるのです。
ものによっては専用シロップがついていることがあります。
それによってキウイであったり、オレンジであったりと何かしらのフレーバーを楽しみながら飲むことができるのです。

●使い切りカードリッジタイプもある

炭酸水のサーバーによっては使い切りのカードリッジタイプのものが販売されています。
こういったカードリッジタイプのものってインターネットなどじゃないと買えないんじゃないの?
と思いがちですが意外と市販で買うことができるのです。
身近で手に入りコストパフォーマンスもいいのであれば購入したくなりますよね。

●お酒も作れるタイプも!

実は炭酸水のサーバーは炭酸だけではなくこの炭酸ガスを利用してお酒を作ることができるのです。
ハイボールであったり、ちょっとプハーっとしたいときにもいいですね。

■炭酸水のサーバーはカードリッジタイプのものだけではない

実は炭酸水のサーバーというのはカードリッジタイプのものだけではないのです。
どういうことかというと天然水が炭酸水に変わるメカニズムというものがあります。
簡単に言うと炭酸ガスを利用して、炭酸水にしているのです。
ですから、一般的に使用されているウォーターサーバーとは違い、ボンベが備え付けられている特殊なものもあります。
こういったものは特注なサーバーですから、購入する際にはかなりの高額なお値段になってしまうのです。
例としてあげるとある炭酸水のサーバーは、サーバーの買い取り価格が60,000円に設定されていました。
高いですよね。都心であれば家賃ほどで一人暮らしできそうです。
ちなみに比較として一般的なものを挙げてみますね。
相場が15,000円や20,000円です。
そうすると60000円がいかに高いのかが分かりますよね。

■炭酸水のサーバーのデメリット

もちろんデメリットというのもあるでしょう。
前項にも述べましたが天然水を炭酸ガスに変換するにはガスが必要になりますよね。
もちろんそのためには費用がかかるのです。
では一体いくらかかるかというとサーバー業者によって料金が異なります。
事前にしっかりと確かめておく必要がありますよ。
参考までにですが1リットルの炭酸水を作るためには3ccのガスが必要になります。

いかがでしたか?炭酸水を常に飲んでいる方はぜひ炭酸水のサーバーを調べて購入するのもいいでしょう。
家族でシェアして楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です