子供に影響は?炭酸水はいつから飲ませれるの?

matome_20140516213846_537606d652c7b

美容に良い、健康にも良いといわれる「炭酸水」。
しかし、この記事を読んだり、実際に飲用しているのは私たち大人がほとんどだと思います。
では子供が飲むとどうなんでしょうか?
大人みたいに飲みすぎる何かしらの悪影響を及ぼす可能性があるのか気になりますよね。
今回は・子供に影響は?炭酸水はいつから飲ませれるの?という疑問についてお答えします。

■炭酸水の成分について

0d3a9d83e5338254a1c12587ca4db09f_s

別記事でもご紹介しましたが炭酸水に含まれるリン酸塩というのはカルシウムの吸収を阻害する働きがあります。
カルシウムといえば骨や歯ですよね。
実は骨というのはだんだんと骨密度が高くなり20歳で右下がりになる傾向があるのです。
よくきいたことがありませんか?
「うちの子供が骨折してー」などと。
子供のうちはまだまだ発育途中。
そのうちは骨が壊れて再生を繰り返すようにして骨を作っているのです。
しかし炭酸飲料を飲むとリン酸塩を摂取することになってしまうので大事な時期にカルシウムの吸収を阻害してしまいます。
ですが…あくまでもここでお話ししているのは「炭酸飲料」のこと。
炭酸水の場合ですとリン酸塩は含まれていないので特に身体に及ぼす影響がありません。

■じゃあ炭酸水を子供に飲ませても平気?

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_s

「炭酸水」であれば直接的に悪影響を及ぼすことはないのでお子さんに飲ませてもいいでしょう。
しかしあなたが子供の立場になってみて考えてみてください。
炭酸水って正直味がないものが多いですよね?
炭酸水のシュワシュワな感覚というのは確かにありますが子供は味を好みます。
そのため人工甘味料や添加物が使われた「炭酸飲料」を好む子供が多いのです。
さらに炭酸飲料は糖分や添加物が多く含まれていることはもうわかりますよね。
そしてさっぱりと飲める炭酸飲料ですが、もちろん添加物だけではなくて糖質も含まれています。
特にダイエットや美意識が高い方はお分かりだと思いますが糖質を摂取し続けていると体脂肪として蓄積されやすいのが一つ。
さらに飲みすぎるとかえって喉が渇いてしまって、もっと炭酸飲料を飲んでしまうことがあります。
もちろん炭酸水を飲むメリットとしてはおなかを膨らませて食べ過ぎ防止!
というのはできますが大人に対して子供の胃袋はそれほど大きくありません。
そうするとご飯の前に炭酸飲料を飲んでお腹がいっぱいなります。
するとどうなるかわかりますよね?
ご飯があまり食べられなくなります。
もちろん必要な栄養を摂ることができなくなって、栄養が偏ってしまいます。それが関係して「骨がもろくなる」と言われているのでしょう。
また1歳半ごろから飲ませても大丈夫ですよ。

●虫歯になる?

炭酸飲料を常に飲んでいる子供は歯に糖類が付いている時間もそれだけ長くなっているのです。
虫歯菌は甘い物が大好きなので歯を削り虫歯の原因になるとも言われています。

■炭酸水を子供に飲ませるためには?

abafb37442bedf88dff59c2a02d26803_s

では「炭酸水」ならいいの?というお話になりますよね。
もちろん炭酸水なら大丈夫ですが「味のしない炭酸水」を飲ませてあげるためにはどうしたらいいでしょうか?
別の記事でもご紹介しましたが炭酸水にフレーバーを足してあげるといいですね。
一番簡単なのはスーパーやコンビニなどで販売されているレモンをしぼってはちみつをいれることであったり、あまり市販の炭酸飲料では売られていないようなものを作ってあげるとお子さんはうれしいでしょう。
もちろん夏場にはさっぱりしたいという思いもありますからスポーツをしているお子さんがいらっしゃる方にはレモンの砂糖漬けをあらかじめ作っておいてグラスに炭酸を注ぐのもいいですね。

ぜひお子さんにも旦那さんにも試してみてくださいね。
段々と作ることも楽しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です