老化が加速?炭酸水のデメリット

664a1a41ecb66792e66b7d8c7e831e50_s

美容に良いと聞く炭酸水ですがまさか老化を加速させるなんて誰も思いませんよね?
「常に美しくありたいから行っている」わけであって決して自ら老化を加速させることはしません。
しかし今回は老化が加速?炭酸水のデメリットという謎を解き明かしたいと思います。

■なぜ炭酸水は老化を加速させるといわれている?

炭酸水には実は多量のリン酸塩を含んでいるんです。
このリン酸塩は炭酸水だけではなく加工食品やポテトチップスなどのお菓子や、菓子パンなどに多く含まれています。

●リン酸塩が悪いの?

ある程度のリン酸塩とは必要になりますがリン酸塩を過剰摂取してしまうと皮膚と筋肉を萎縮させる働きがあり、心臓と腎臓の機能を弱めてしまうのです。

●カルシウムの吸収を阻害してしまう働きがある

カルシウムというのは私たち人間の中でとても重要な役割をしています。
骨や血液を作っていたり様々な器官に働きをもたらしているのです。
しかし、炭酸水はカルシウムの吸収を防ぐというデメリットもあるのは知っていましたか?。
カルシウムの吸収を阻害してしまうとどうなるでしょうか?
体内にカルシウムを取り入れることができずつまり、骨折しやすくなるのです。
その結果骨粗しょう症にも繋がっていきます。

●アメリカ人が寿命が短いのは、炭酸飲料の飲み過ぎだった!

9608cd145798fec7ecdab394977de42f_s

日本人の寿命は他国に比べて非常に長いといわれています。
社会問題としても高齢者社会といわれているほどですよね。
しかしアメリカ人の寿命は日本人に比べてとても低いのです。
日本人とアメリカ人の違いは、まず食文化の違いもありますし、一度に摂取する食事の量にも差があります。
またアメリカといえばハンバーガーや炭酸飲料、ポテトチップスなどのそれこそリン酸塩が多く含むものが多いですよね…。
アメリカではコーラなどは非常に多く飲まれていますし、それが平均寿命にまで、差を出すほどの炭酸飲料水…。
恐ろしいです。

■老化を防ぐ(アンチエイジング)にはどうしたらいいのか?

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s

先ほどカルシウムの働きでも述べましたがカルシウムは血液にも影響をもたらすのです。
つまり人間の体内が酸化すると動脈硬化や老化を引き起こしてしまいます。
ではそんな動脈硬化などを防ぐため、老化を防止するためにはどうしたらいいのかといいますと、抗酸化作用のあるポリフェノール(よくワインに含まれています)、ビタミンEを多く含む食品(納豆など)や飲料水(烏龍茶や日本茶)のほか、黒豆茶、アシタバ茶、杜仲茶、高麗人参茶などの健康茶を飲むことがお勧めです。

■老化を促進してしまう炭酸水に頼らないためには?

●運動で解決!

それはまず運動を行うといいでしょう。
有酸素運動を行うと、抗酸化酵素が活性化し、アンチエイジング効果が期待できます。
一方で、筋トレなどを行ったほうがいいのではないのか?と思う方もいると思いますが激しい無酸素運動を行うと、活性酵素というものが発生し、老化を促進したり体調不良の原因になるのです。

●食事の噛む回数を増やす

実は長寿のギネスに認定された人たちが行っていたことで共通するのが食事のときに「よく噛むこと」です。
これによって長寿遺伝子が活性化しますし、満腹感を得られることができます。
それに簡単に取り組めますね。

●アロマで解決!

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

今では男性もはまっているアロマ。
一部屋にディフューザーは必ず持っているといっても一概ではないでしょう。
アロマはおしゃれやリラックス出来るなどのイメージが強いですが、実は色々な働きがあるのです。
リラックス効果や脳の働きを活性化させてくれるようなものもありますが老化防止効果のあるエッセンシャルオイルもあるは知っていましたか?
それはアロマの中でも代表的なアンチエイジング効果を持つ、ゼラニウムです。
ゼラニウムを部屋に香るようにおいてみたり、するといいでしょう。

良いと思っていたことが実は老化を促進するものだった…なんて恐ろしいですね。
ぜひこの記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です